アーカイブ | RSS |
連携講座 > 平成27年度連携講座
平成27年度連携講座 : 平成27年度 第12回連携講座
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2016-08-29 14:15:05 (346 ヒット)

           平成27年度 静岡大学岳陵会 連携講座 第12回

 

日 時  201614日(月)1425分~1545

会 場  静岡大学 人文社会科学部 大講義室

受講生  人文社会科学部 第1・2学年選択者170名(一部の3年生も含む)

講 師  坂入 徹 様  株式会社リクルートキャリア

              中途事業本部・メディアサービス統括部 営業1部

       教育学部 教員養成課程(国語教育) 2011年(平成23年3月)卒

 

演 題  『現代社会の変容とキャリア形成』

                  「意識高い学生生活」のススメ -

 

 

―学生たちは、会場の入口にある本時に使用する「ワークシートA4判用紙1枚」「メモ用紙付箋1枚(男性:黄紙、女性:ピンク紙)」「コメントペーパーA4判用紙1枚(本日出席の証とする)」を取って、それぞれ着席しました。―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、連携講座担当の言語文化学科教授 安永愛 先生より、講師 坂入 徹 様のご紹介がありました。

 

皆さん、こんにちは。ただ今、ご紹介頂きました、坂入徹と申します。現在、株式会社リクルートキャリアに勤めています。静大は2011年(平成23年3月)に卒業致しました。私は人文学部ではなく、教育学部だったのですが、ご縁を頂いてこの場に立たせていただいております。大学を卒業して5年ほどなので、皆さんと比較的近い年齢かと思います。出来るだけリアルなお話しをしたいと思っています。

本日はよろしくお願いします。

 

 まず、皆さんに、ご協力をお願いしたいことがあります。

 

 

 

あなたの学生生活について、現時点で点数を付けるなら何点ですか?

その点数を付箋に記入し、壇上の黒板に付箋を貼り付けてください。

 

―学生たちは、一人ずつ、壇上の黒板(下記参照)の該当点数の位置に、その付箋を貼り付けました。―

0点       25点       50点      75点    100点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご協力ありがとうございます。こちらは後ほど、お話しすることにします。

 

こちらが本日のアジェンダです。

 

Ⅰ 1部

   1 導入と自己紹介        14:25~14:35

   2 仕事の話           14:35~15:00

Ⅱ 2部

   1 学生時代の話         15:00~15:20

   2 キャリアを考えるトレーニング 15:20~15:40

   3 終わりに           15:40~15:45

 

本日の講演の中で、伝えたいことは次のとおりです。

 

どんな人に?

・静大が第一志望じゃなくて、(未だに)ネガティブに思っている人。

・何となく毎日を過ごして「ヤバイ」と思っている人。

・「就活のために何かしなければ!」と焦っている人。

・働くことにイメージがあまり持てていない人。

 

どんなことを伝えたいか!

・入学時ネガティブだったけど、静大に来てよかったと思う人がいたこと。

・「どこで」「何を」したかより「なぜ」動けたかが一番大切であること。

・就活のために何かすることはムダであること。


印刷用ページ