アーカイブ | RSS |
連携講座 > 平成29年度連携講座
平成29年度連携講座 : 平成29年度 第8回 連携講座
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-09-14 11:20:14 (47 ヒット)

平成29年度 静岡大学岳陵会 連携講座 第8回

 

日  時  平成291127日(月) 1425分~1555

会  場  静岡大学 共通教育B棟 B501

参加人数  80

講  師  横山 武蔵 様

       名古屋市消防局 消防官

       人文学部 第43回 経済学科 2011年(平成23年3月)卒

演  題  「わたくしの職業紹介 - 消防官(Fire Fighter) -」

  

 皆さん、こんにちは。私は、ただ今ご紹介にあずかりました、皆様の先輩に当たる「横山 武藏」と申します。

 ところで、私は、皆さんの先輩と言っても、大学卒業後6年の身で、しかも、今まで講演した経験もなく、大変、緊張をしています。

 本日、私のお話しする内容は、私の今までの実体験を通して感じたこと、学んだことです。このお話しを通して、皆さんの社会人としてのぼんやりとしたイメージが少しでも明確になって、参考になれば幸いです。

 

1 自己紹介・大学生活・就職について

 

(1) 自己紹介

① 静岡大学人文学部 第43回 経済学科 2011年(平成23年3月)卒

② 現在、27歳、昨年結婚し1歳の息子のいる父親です。

(2) 大学生活

① 部活動は体操競技部で、4年間、部活動に没頭。

② アルバイト先は、喫茶店、ラーメン屋、家庭教師、ガソリンスタンド、清掃など、

いろいろでした。いろいろな経験は、いろいろなことを学びます。

(3) 就活

  ① 志望先

名古屋市消防局、愛知県警、警視庁の3つを志望し、この3つのみ受験した理由

   ・当時、世の中が大変不景気で、就職率がとても悪かったので、安定している公務員に魅力を感じていたこと。

・もともと身体を動かすことが好きで、身体を思い切り動かせる仕事に就きたかったこと。なお、その中でも、消防官になることを第1志望としていた。

② 就職対策

・大学での公務員講座に参加し、勉強した。

・採用試験の過去問を何回も何回も繰り返しやった。

 

  ところで、私は消防官になったわけですが、皆さんは「消防」と聞いて、何をイメージしますか?今からいくつかの写真をパワーポイントで提示しますので、自分の思っている「消防」のイメージでしたら、挙手してみてください。

① 火事現場の写真提示 → 火事と思う学生は?

② 救急現場の写真提示 → 救急と思う学生は?

③ 救助現場の写真提示 → 救助と思う学生は?

④ ムキムキマッチョメンの写真提示 → (笑い)

この結果、皆さんが持っている「消防」のイメージの多くは、「火事」だということが分かりました。では、次に、消防の仕事についてお話しをします。

 

2 消防の仕事について

 

(1) 消防の任務

消防の仕事の定義として、「消防組織法 第1章 総則 第1条」に明記されている条文は次のとおりです。

  消防は、その施設及び人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災か

 ら保護するとともに、水火災又は地震等の災害を防除し、及びこれらの災害に

 よる被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行うことを任務

 とする。

 (2) 消防の階級

例えば、「消防士」は職業でなく、消防の1つの階級です。階級制度のある思い

つく組織は、消防、警察、自衛隊、・・・・・・・。

ところで、消防の階級制度は、次の10通りです。

     消防総監  →  消防司監  →  消防正監  →  消防監

           →  消防司令長 →  消防司令  →  消防司令補

           →  消防士長  →  消防副士長 →  消防士

(3) 消防署の組織

    名古屋市消防局は、消防局、16の消防署、44の出張所などからなっています。