アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2010-10-07 12:14:02 (983 ヒット)

~コンチキツアー編~旅行地

 オランダ、ドイツ、チェコ、オーストリア、イタリア、スイス、フランス コンチキツアーの感想を書きたいと思います。

コンチキツアーは世界中から若者が集まると先日伝えましたが、実際はオーストラリア8割、アメリカ人1割、アジア人1割でした。この企業のヨーロッパツアーは主にヨーロッパ人を対象にしているようです。ガイドさんもオーストラリア人だった。大きな特徴をいうと ① 大人向けの内容が含まれる ② 男女の出会い目的がある ③ +@のコストがかかる2つについては述べたとおりだが③について説明すると、基本的にこのツアー観光地までバスに乗り、あとはフリータイムで夕食後集合帰ってお酒を飲むのがスタンスである。他にもこのツアーはオプチョナルツアーでラフティング、パラグライディング、夕食をする。参加者ほぼ全員が参加するので実質ツアー代金の20%くらい上乗せで考えた方がいいだろう。 旅の個人の感想を述べるとオーストラリア人は自分から話しかけさえすればとてもフレンドリーなのでたくさんの友達ができた。そして必然的に英語の向上を感じることができた。バスの移動もこれまでの夜行バスや電車を探す手間がなくとても精神的に楽だった。短所を述べれば私自身はお酒が苦手なので飲みの時間をもったいないと感じた事、オプショナルの料理はコストの割においしくないことがあげられる。 ツアーで言った国で印象に残ったのはイタリアとスイスである。イタリアは治安を除いて料理、観光地、気候が良かった。特にベネチィアは美しい街並み、魚介がそろっていて素晴らしい街だった。スイスでは普通では訪れることができないような場所へ行くことができた。ヨーロッパ最標高の駅に行くことができた。富士山とほぼ同じ高さで。雪が降っている。とても寒いがとてもきれいで。印象的だった。 ツアーを終えて18日間20万となかなか高額ではあったが私はもう一度参加したいと思う。今度はより英語を身に着けさらにコミュニケーションが図れるとよいと思う。



投稿者 : 事務局 投稿日時: 2010-10-07 11:58:48 (888 ヒット)

<p>~西ヨーロッパ編~ 旅行地 ポルトガル・スペイン・ベルギー・西フランス旅行後のあわただしさもあり投稿が遅くなりました。ヨーロッパ旅行の結果を報告したいと思います。 ポルトガル・スペインについて、この2国はヨーロッパのなかでも特徴的な国でした。まずこれらの国の特徴は暑い。そして英語が通じない。英語が書いていない。これが何を引き起こすのかというと、脱水症状である。入国当初水を買うにも一苦労でした。英語は万国共通という認識があるが実際はそうでもないことを実感した。それでも現地語で説明をしてくださる現地の方々には感謝です。街の特徴をあげるとポルトガルの首都リスボンはローマ時代を思わせるような街並みでした。全体的に黄土色の街並みであると感じた。お勧めスポットはサン・ジョルジェ城だ。町が一望できる場所にあり、風がとても気持ち良かった。おいしい食べ物は干しダラだ。 スペインはマドリッド、トレド、グラナダ、バルセロナに行った。スペインはヨーロッパでもベスト3に入るぐらい見どころが多い。特にバルセロナはガウディ―の作品が多く町全体がおもしろい。サクラダファミリアは必見だ。ほかにも闘牛などスペインならではのレジャーがある。こちらは予想以上に残酷なので見る人は注意が必要だ。名物料理はパエリアなど魚介ほかにもタパスと呼ばれるパブによって様々な軽食がある。スペインはヨーロッパの中でもかなりレベルの高い食事が食べられる。 つづいて西フランス、ベルギーの紹介。スペインを抜けフランスに入ると英語を扱える人が現れ始めた。だがフランスの方は自国の言語をなるべく話す特徴があるようだった。愛国心からくるものだろうか。フランスではのちのツアーでパリを見学する時間があるためパリを飛ばして西のモンサンミッシェルへ行った。すごく田舎でかつ海岸沿いにあるのでこの建物はとてもきれいで写真がとりやすい。中を見学できるようになっていてとても興味深い。とても混んでいて身動きが取れなくなったりします。パリから日帰りで行けるので是非行ってみてはどうでしょうか。 ベルギーの紹介をします。この国は4か国中一番落ち着く国でした。治安が良く、気候が良いです。首都のブリュッセルには有名なションベン小僧がいます。ほかにも中心広場の夜のイリュミネーションがとてもきれいです。名物はフリッツ(ポテトフライ)とチョコレート、ワッフルなどがあります。</p>


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2010-10-06 12:43:32 (1208 ヒット)

将来のわが国の教育・研究のために今できること!~国立大学運営費交付金等の確保についてのお願い~

国立大学運営費交付金等の確保についてのお願い


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2010-09-22 12:38:03 (1168 ヒット)

前会長の藤木紀男様が9月21日(火)に亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。ご葬儀等は下記の通りです。

通夜  9月22日 18時00分
    場所 カルチャーホール カデンツァ掛川
       (イズモ葬祭)
       掛川市矢崎町1-6
       電話 0537-62-3200 
告別式 9月23日 11時30分
    場所 カルチャーホール カデンツァ掛川
出棺  9月23日 12時30分

喪主  藤木映子 さま


 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2010-09-15 11:20:00 (1193 ヒット)

旧制静高同窓会は5年ごとに記念大会を静岡と東京で開催してこられましたが、会員の高齢化、人員の減少化はさけがたく、この88周年を以って最後の大会になります。文理・人文学部同窓会の皆様には、この大会に参加され、日本の戦後の成長にご尽力された方々との交流を通し、得難い様々なお話を伺うことは、懐かしく貴重な機会となります。是非、参加してみませんか?

記念大会へのご案内
 日時   平成22年11月5日(金)午前11時から午後3時
 場所   品川プリンスホテル PrinceHall(Annex Tower 5F)
(JR品川駅高輪口から徒歩3分)
      〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
       ℡03-3440-1112(代)
 記念演奏会
      「F.ショパン生誕200年記念」ピアノコンサート
                   演奏 小早川 朗子 氏
         旧制静高、静大文理1回卒小早川恵三氏のご息女。現在         東京芸大卒、博士号取得、海外留学を経て多方面に活躍         中。
 会費   1万2千円(祝賀会、記念品)
      ちなみに、記念品は静大農学部の開発した大吟醸酒「静大育       ち」
 連絡先  ℡とFax 03-3351-2883
(旧制静高同窓会事務所)
      毎週、月、水、金の午後1時~4時まで事務所におります。
  ※静大文理・人文学部同窓会事務所でも結構です。
      ℡とFax 054-238-5148


« 1 ... 129 130 131 (132) 133 134 135 »