アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-05-02 14:01:40 (157 ヒット)

2018年4月吉日

静岡大学岳陵会(文理・人文・人文社会科学部同窓会)東京支部総会のご案内

静岡大学岳陵会東京支部

 同窓会の皆様に於かれましては益々ご活躍の事と存じます。

日頃は岳陵会東京支部活動にご協力を賜り厚く御礼申しあげます。今年も東京支部総会開催の時期になりました。

2013年に全学同窓会を東京で初めて開催し、その後静岡、名古屋、今年度は浜松で6月2日に開催され、来年度は東京で開催致します。全学部同窓生の一体化した活動により母校である静岡大学を盛り上げようとしており、私達の岳陵会東京支部に於いても益々同窓会活動の活性化が求められております。

さて、今年度東京支部総会・講演会、懇親会を下記の通り開催致します。大勢の方、とりわけ若い同窓生のご参加を切にお願いします。同期、ゼミ、サークル、寮等お誘いあってご参加下さい。

日 時:2018年6月9日(土) 12:30~17:00 受付/12:00~

会 場:女子栄養大学「松柏軒」(豊島区駒込3-24-3  03-3918-2543) 

参加費:8,000円(今春及び昨年度卒業生は参加費を免除)

    *当日現金で受領致します。

<総 会> 12:30~13:30  

   議案:17年度活動報告  18年度活動計画(案)  報告事項等

講演会> 13:30~14:30

講師:「国立歴史民俗博物館」元教授  井原 今朝男氏(人文3回 日本史学)

演題:「大学改革と人文社会科学の危機―近代債権思潮の暴力性―」

<懇親会>14:45~17:00 *懇親会に先立ち集合写真の撮影

<作品出展希望>出版物、絵画、写真、陶芸品などを出展希望の方は会場準備の為出欠ハガキに「出展作品」の種類と作品の大きさを記載して下さい。尚、作品の搬入出は個人の責任でお願いします。

<出欠のご連絡>

      *参加の方は5月20日必着で下記の連絡先までご連絡下さい。

    ・支部専用電話:080-9559-1121

    ・E-mail:<gakuryokaitokyo@yahoo.co.jp>;

<評議員引き受けのお願い>

 東京支部では「評議員」という支部活動サポーター制度を設けております。同期会、ゼミなど小集団の情報を提供して頂き、同窓会イベント等に同窓生の参加を呼びかけて頂く事を期待しております。お引き受け頂ける方は受付担当者に申し出下さい。

 

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-03-14 15:52:38 (717 ヒット)


会員の皆様へ

「静岡大学全学同窓会浜松開催交流会」

並びに「岳陵会本部・浜松支部総会」のご案内

 

静岡大学全学同窓会浜松開催交流会実行委員会

副実行委員長 祐嶋 繁一  

静岡大学岳陵会(文理・人文・人文社会科学部同窓会)

会 長 海野  徹

浜松支部長 水谷 文一

  静岡支部長 堀越 秀夫

 

 

 陽春の候、会員の皆様にはご健勝にてご活躍のことと、お慶び申し上げます。

さて、皆様ご存知の通り、少子化と財政難から国立大学を巡る状況は厳しく、定員削減・学部再編

・予算効率化など様々な改革が求められてきております。一方、地元静岡県も高齢化・人口減少・

産業力低下など「豊かな静岡」であり続けるには従来に勝る努力が必要と言われております。

そこで、「県内に居住勤務する同窓生が学部の枠を超えて一堂に会し、状況を確認し合い、交流することをもって、これからの静大づくりを応援したい」、という趣旨の集会を開催することと致しました。人・工・教・農・理の全学部県内卒業生有志500名余が一堂に会し、「静大の意気」を示そうという集いです。趣旨にご理解を頂いて、ご来賓として浜松市長をお招き致しました。また、交流会の実行委員長は浜松工業会が務めることとなり、是非成功させなければと思っております。

どうか、岳陵会会員の皆様には、趣旨と経緯をご理解いただき、奮ってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。 なお、本部は規約上毎年総会を開催することと定めており、また、浜松支部は2年に一回の総会開催年に当たりますので、「交流会」に先立って、同一会場で短時間での年度総会を計画いたしました。ご都合の許す限り、両総会にもご出席頂きたく、併せてご案内申し上げます。

 

 

   ① 開催日  平成3062日(土)

   ② 会 場  グランドホテル浜松 2階鳳の間()

   ③ 時 間  13301400 岳陵会浜松支部総会

 14001430 岳陵会本部総会

 14301500「全学同窓会浜松開催交流会」受付

 15001930「全学同窓会浜松開催交流会」

会費8,000円(洋中料理・フリードリンク)

                                        以上

 

 ※参加を希望されるかたは、同窓会事務局までご連絡下さい。

 【静岡大学岳陵会 事務局】

   FAX  054-238-5148

  メールアドレス dousoukai@adb.shizuoka.ac.jp

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-02-19 15:26:34 (186 ヒット)

静岡大学のホームページ

「同窓生によるリレーエッセイ」のコーナーに

岳陵会浜松支部 高柳 渓一さん(平成17年 人文37回 法学科卒)のエッセイ

「一歩踏み出す」を支える仕事

が掲載されています。

どうぞご覧ください。

 

こちらから ↓ ↓

http://www.shizuoka.ac.jp/essay/


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-02-06 15:37:50 (194 ヒット)

1月29日(月)第15回連携講座が開催されました。

 

今年度最終講義は、第2回講師 木下学さん(人文29回 言語文化)がコーディネーターとなり、同窓生と学生との交流会を開催しました。

 

 同窓会からの参加者です。

木俣 晁さん(文理12回 経済)

福島英夫さん(人文 3回 経済)

海野 徹さん(人文 4回 経済)

祐嶋繁一さん(人文 4回 法  

水谷文一さん(人文 5回 経済)

杉原啓介さん(人文16回 経済)

木下 学さん(人文29回 言語文化)

 

はじめに、同窓会からの参加者が一人ずつ簡単な自己紹介をした後、

7つに分かれてグループ討論をしました。

 

「学生時代にやっておいたら良かったことは?」

「大学で学んだことは社会に出て役に立っているのか?」

「自分の興味ある分野が分からない」

「どんな勉強をしたらいい?」

「勤めてから分かった仕事の魅力は?」

 

 

参加した同窓生の皆さんは、学生からの大学生活、就職活動、就職した後などの色々な質問に

丁寧に答えていました。

 

最後に全員で集合写真を撮り、本年度の連携講座は終了しました。

 

 

講師をしていただいた同窓生の皆様、ご協力いただきました先生方、本当に

ありがとうございました。

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-01-26 14:55:34 (201 ヒット)

1月22日(月)第14回連携講座が開催されました。

 講師をしていただいたのは、前田 巧さん(人文5回 法)

現在、司法書士をされていらっしゃいます。

 

講義では、どうして静岡大学を選んだのか、そして大学入学当時の静大の様子などをお話しいただきました。

 

大学卒業後は、中央信託銀行に入社しましたが、5カ月で退社。司法書士を目指し2年目で無事合格。26歳で司法書士事務所を開業しました。司法書士とはどのようなことをしているのか、また相続の基本についても分かりやすくお話ししていただきました。

 

最後に、「司法書士の仕事は一つのミスで損害賠償が発生することもある仕事です。日々緊張の仕事ですが、何事も勇気を持って取り組む姿勢が大事です。」と話され講義は終了しました。

 

次回、1月29日は今年度連携講座最終日です。

第2回講師 木下学さん(人文29回 言語文化)がコーディネーターとなり、同窓生と学生との交流会を開催する予定です。

 

 


(1) 2 3 4 ... 47 »