アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2019-01-25 11:11:36 (355 ヒット)

みなさんこんにちは!

学生レポーターの鷲山です。

 

前回、センター試験について記事を書きましたが、世間でも盛り上がっているそうですね……。英語のリスニングにびっくりするようなキャラクターが登場したとのことです。

 

個人的には、国語の問題が毎年気になります。どのような文章が出題されているのか、言語文化の学生としてはやはり興味深いところなのです。今年は古文が話題になっていたようですが、個人的には漢文が杜甫による散文だったということに惹かれました。杜甫の詩は授業でやりましたが、どの作をとっても美しい詩のです!彼の詩は感情の迸りが凄まじいのですが、千年以上も前の人間の詩が……((以下略

 

 

さて

 

 

先週は福岡に行ってきました。

何度も申し上げている通り、私は福岡市での就職を目指しています。

今回はインターンシップも行ってきたのですが、メインは福岡検定でした。

 

福岡の「通」度を試す検定なのですが……難しかった……。

合格している自信は全くないです。

 

しかし勉強は楽しいものでした。

 

今回の検定のテーマであった「博多旧市街」を実際にまわってきました。

博多旧市街とは、中世に貿易地として栄えた博多の中心地を指します。

今でも、博多駅から徒歩十分の所に、お寺が集まっている場所があるのです。

 

すれ違う人の半分が外国人、というほど観光客であふれかえる博多ですが、博多旧市街の辺りは観光客も少なく、ひっそりとしていました。

 

 

ういろう、という名前の由来である陳外郎は中国の医師で、気つけや胃腸病に効く「透頂香(とうちんこう)」の製法を日本に伝えました。この碑がある妙楽寺は、ういろう伝来の地と言われているそうです。ういろうに福岡のイメージはなかったので意外でした。

 

 

 

こちらは東長寺、というお寺の前にあった碑です。

東長寺は、かの弘法大師が日本で一番始めに開いたお寺だと言われています。

この碑、よく見て欲しいのですが、左側に「西安 青龍寺」と書いてあります。

西安、かつて私が訪れた中国の地です。西安の街にある「青龍寺」も、弘法大師が開いたお寺でした。その住持さんが、密教が日本に伝来した最初の場所だよ、ということでこの碑を与えてくださったのでしょう。

 

境内には福岡大仏が鎮座しています。その他にも五重塔があったり、黒田家当主のお墓があったりと、見どころ満載でした。(そっちの写真は無いんかいという話ですが)

 

 

 

龍宮寺、というお寺にあった碑です。

人魚、とはあの人魚のこと。その昔、博多津で捕らえられた人魚が、吉兆としてこのお寺に納められたそうです。龍宮寺、というお寺の名前も人魚にちなんで改称されたものなんだと。お寺なのですが、門をくぐって最初にあったのは小さな神社でした。神仏習合!

 

 

 

寒空の下、様々な物を訪ね歩いたのですが、気付けば石に刻まれた文字ばかり記事にしていましたね……。

 

 

たまたまかもしれませんが、博多ではよく猫を見かけました。

こちらは聖福寺、という栄西が開いたお寺にいた猫。栄西は日本に茶をもたらした人物として有名ですが、島田駅にもその像がありますね。

 

 

今回は、博多の新たな魅力を発見できました。

静岡にも、このように隠れた名所があるんじゃないかな~と思うようになっています。

静岡の魅力も、いつか発信できるようになりたいです。

 

 

それではまた!

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2019-01-18 14:17:20 (369 ヒット)

みなさんこんにちは!

学生レポーターの鷲山です。

 

インフルエンザの警戒メールが学務係から届きました。全国的にも流行が始まっており、既に学級閉鎖が出ている県内高校もあるそうです。

気を付けなきゃなあと、図書館等人がたくさん集まるところではマスクを着用しています。

 

テストやインターンシップの迫る今、インフルエンザにかかったらえらいこっちゃです……。皆様もどうぞ、お気をつけくださいね。

 

人文学務手前の様子。後ろの山茶花(椿?)がきれいです。

 

 

突然ですが問題です

 

今現在、全国で最もインフルエンザに警戒している人々といったら、誰でしょう?

 

 

そう

 

 

 

大学受験生!!!

 

 

 

今年も、センター試験の時期がやってまいりました。

 

 

 

センター試験も、あと2回で終わってしまいますね。少し前ですが就活ルールの解禁時期も発表されました。平成の終わる今、旧来的なものを振り払うように、時代がどんどん変わっているような実感があります。

 

 

私は静岡市内の高校に通っていたのですが、県立大学でセンター試験を受けました。立派なレンガ造りの校舎を、今でも覚えています。

我らが静岡大学も、センター試験を受ける高校生にとっては思い出の大学になるのだなあ、としみじみしています。

入学を考えている受験生たちは、勝負の地と感じるのかもしれませんね。

 

 

冬らしい光景。私の手袋と同じだったので、思わず荷物を確認しました。

 

先生方も、お忙しい中試験の監督をされるそうです。

受験生当時は思わなかったのですが、ありがたいことですね。今更感謝しております。

 

 

一年間の努力を試す時。がんばれ、受験生!!

 

 

 

 

それではまた!

 

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2019-01-16 11:08:13 (234 ヒット)


みなさま、こんにちは!


 遅くなりましたが


新年明けましておめでとうございます


今年も宜しくお願い致します!


  


今年2019年は、個人的には就活や卒論があるため中々忙しい一年になりそうです。


 特に就活に関しては、今後の人生に大きく影響することですので、悔いのないよう全力で取り組みたいです。


 


みなさま、年末年始はいかがでしたか?


 


私は友達とディズニーシーに行ったり、


鷲山さんと一緒に3日間の就活セミナーに参加したり、


家族と旅行に行ったり、


やっぱりバイクに乗ったりしてました。


 


あと検査はしていないのですがインフルエンザにかかったようでした()


久しぶりに風邪をひいて…あの悪寒が止まらない感覚、イヤですね~


解熱剤を飲んだら次の日には熱が下がったので、ただの風邪かと思っていたら、


姉と友達がインフルにかかったのでおそらく私がうつしてしまったようです…


申し訳ない!


 


みなさま、風邪をひいたら早めの受診をお勧めいたします!


  


さて、今回の記事は何を書こうか迷っていたのですが…


 最近の活動も専ら就活に関連してのことが多いので、そちらについてレポートしようかなと思います。


  


 


↑共通L棟の0階に掲示してありました。


 


来たる3月の就活解禁に向けて、合同説明会の告知もたくさん掲示されるようになりました。


 


こちらの写真は、静大の体育館で開催されるものです。


あまり業種を絞ってない方やそうでなくても、就活をしている中で、


こういった説明会で知らなかった企業と出会ったり、


またはやりたかった業界で内定がもらえなかったりして、


思っても見なかった職に就くことになったと、同級生たちは言っておりました。


  


ドキドキですね…私も最近はパイロット・航空業界以外の職も見なくては!と思い車業界の営業のお仕事や、食品、金融、ホテル、流通などいろんなものを見ております。


 


 


↑選考の材料となる能力テスト対策


 


 


ちなみに私の周りの人言の学生は、


公務員や教員・金融関連の職に就いた人が多いイメージですね。


 


 


冒頭で鷲山さんと就活セミナーに参加したと書きましたが、


そこでは企業研究の仕方や、エントリーシートの書き方面接のマナー、質問の答え方、グループディスカッションの仕方などを学びました。


 


最近の私の課題としては、


話すネタはたくさんあるのですが、魅せ方が全くできてない、というのがあります。


エントリーシートにしても、面接にしても、


自分の経験や性格、目標目的を整理して言語化するのはかなり難しく、大変(面倒?)だと感じました


 


 


せっかく伝えたいことがたくさんあるのに、うまく伝えられなくてもどかしくなってしまいます。


 


 


↑面接で聞かれる質問の代表例


 


 


どこでも聞かれるような質問に関しては、今のうちに準備をしておくのがいいですね!


 


あとセミナーに参加したあと、実際にインターンシップでグループワークをしたのですが、


論理的に考えられるようになっていたり、場の進め方がわかってきたりと自分でも成長を実感しました。


何事も慣れですね。


 


 


最近では静岡駅南口の静岡ジョブステーションや、大学の就職支援室でも面接練習や相談をさせてくれる場があるので積極的に利用しています。


 


自分の納得する就職活動になるように…


 


頑張りますので


どうか人事担当の皆様、宜しくお願い致します!!!


 


それではこの辺で


 


ごきげんよう!


 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2019-01-09 11:00:54 (303 ヒット)

みなさんこんにちは!そしてあけましておめでとうございます!

学生レポーターの鷲山です。

 

11月ぶりですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか……。

先月は多忙につき記事をアップできませんでした。

代わりに!今月は毎週記事をアップする予定です!頑張ります!

 

 

今回の写真は12月の鷲山写真館をお送りします

こちらは、SPACの「歯車」を見に行った帰りの西の空です。@グランシップの広場前

 

 

さて

 

 

2019年。いよいよ就活生としての年がスタートしました。

しかし、現在私は就活に対してモヤモヤを抱えております。

 

それは

 

アピールすべきは 「利己」 か 「利他」 か⁉

という問題です……

 

どういうことかといいますと

 

某会社の就活イベントでは

「就職は目的ではなく手段である。自分の目的=理想と現実のギャップを埋められる環境を選ぶのが、就職活動だ」

ということを言われた一方で

 

某キャリアセンターでは

「志望動機で、自分がやりたいことをアピールしても意味がない。会社の人が知りたいのは、どのように力を発揮してくれるのか、ということだ。だから、大変な仕事ややりたくないことでもこなせるということを発信しなければならない」

と言われ。

 

どっちなん!?

 

と天空の城こと人文棟から絶叫するほどの混乱ぶり

 

 

空飛ぶペンギン@サンシャイン水族館

 

 

冗談はさておき

 

就活のあり方に正解はないでしょう。

それに、自分に納得のいかない形でアピールをすれば、自分にマッチングしない企業から内定をもらってしまう可能性だって考えられます。

 

だから、自分が良いと思う方でアピールすれば良いのでしょうが……。

 

私は前者=利己的な考え方で就職活動に望みたいと思っております。

ですので

「御社を志望した理由は、自分の○○という目標を達成するためには、御社××という環境が適していると思うからです。なぜなら……」

というアピールになると想定しますと、

 

なあんか、違う?

 

という気分になってしまうのです。

 

インターンシップ帰り@熱海駅

 

 

ただ、私は様々な自己分析で

「人目を気にし過ぎ」 とか 「きちんと考えることができるが考えすぎ」

との結果がでておりますので、この件もきっとその「悪癖」の結果なのでしょうが……。

 

先輩や社会人の方にもお話を聞き、また時には感覚に任せて判断していきたいです。

 

池田さんのレポートにもあった富士山@人文棟の裏

 

 

 

それではまた!

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-12-21 14:32:18 (286 ヒット)

みなさま、こんにちは!

 

学生レポーターの池田です。

 

年内最後の授業は水曜に終わっており、今年はもう大学に行く用事はなくなりました。

今年も残すところあと10日となりましたね…

 

先日は学生レポーターの鷲山さんと、人文棟の裏の山頂に行って富士山を見てきました。

 

 

 (空きコマによくここに来ます。)

 

雪がすっかり増えましたね〜

この季節は空気が澄んでるのでいつ撮っても綺麗に見えます。

 

 

インターンシップのために中部国際空港へ向かう新幹線の中で

この記事を書いております。

556分発の電車に乗りましたが、明日1222日が冬至ということで、

まだ夜かと思わせるくらい周りが真っ暗でした。

浜松駅を過ぎた頃ようやく明るくなってきました。

 

眠いですが乗り過ごさないようにがんばります!

 

 

就職活動をする中で、東京にも名古屋方面にも行くことがあるのですが、

交通費がかかるのと、朝早いのを除けば、

静岡は立地的にどちらにも行きやすいので便利だなと感じています。

 

 

さて今回は何を書こうかなと思案していた所ですが

大学生活・授業の様子をレポートしていなかったので、

この機会に紹介させていただきます。

 

私が今学期取っている授業は

 

ABP-EN ことばと表現

・中国言語文化各論Ⅰ

・中国文学史Ⅱ

・課題研究

 

の、全部で4つになります。

 

ABP科目の「ことばと表現」では、主に英語をテーマとした言語学を勉強しています。

これはABP科目ですので、授業は英語で行われています。

言語学を専門的に勉強するのは言語学概論以来で、

前に聞いたことがあるものと、全く初めて勉強するものとどちらもたくさんあります。

 

中国言語文化各論Ⅰは張盛開先生のご担当です。

中国語の方言地理学という、方言とそれが話されている地域を比較することで、

あるものや概念の伝播の方向を調べることができます。

漢字の持つ力って本当に偉大だと思いました。

 

留学していた時、大抵の外国人は私の名前を発音通りに「ゆき」と呼んでいましたが、

中国人はみんな漢字を中国語読みするため「YouXi」と呼ばれていました。

 

これはまた逆も然りで、

 

中国人の方のお名前を読む時、日本語の発音で読むか、現地の発音に近づけるか。

みなさんはどうされますか?

 

そんな話も授業中にありました。

 

 

中国文学史Ⅱは桑島先生のご担当です。

最近では牡丹記や聊斎志異、西遊記、金瓶梅、紅楼夢、六朝志怪小説などを扱いました。

中国では昔男女の恋愛についての物語を書くのはタブー視されていたため、

遊女や幽霊に仮託してそういった話を作った、ということを先日学びました。

 

中国での知識人の在り方は、やはり日本とは違いより厳格なイメージがあるように私は感じられました。

 

 


 

(iPhoneのフォルダには資料として読む中国語の論文がズラリ)

 

 

課題研究では、私は最近ずっと鯰について調べていました!

鯰を調べ始めたきっかけとして、災害の多い日本において、

先人達が地名に何か警告を含むメッセージを残しているのではないか、

それを読み取り実用的に、災害対策に活かすことはできないか

 

と思ったのです。

 

 

鯰は昔から地震との関連があると日本では言われていますが、

そうなった原因を最近は追求していました。

 

今では鯰と地震のイメージが定着しておりますが、

やはり最初は蛇や龍だったのだろうというのが

よく見かける説です。

 

龍神や蛇の水との関連性は、古代のうちに日本に伝わってきて、

それが時代を寝て鯰に取って代わられたのでは?

 

とはいえ、鯰に神性を見出すのは日本人らしいと

と私は感じました^^

 

 

また課題研究で鯰について文化人類学的観点からもさらに研究して、

いろんな知識を身につけたいです。

 

 

それでは、本日のインターンシップに行って参ります!!

 

次回のレポートでお会い致しましょう〜

 

 

Merry Christmas and happy new year!

 

祝你跨年和新年幸福快乐!

 

みなさま、ハッピークリスマス、そして、良いお年をお迎えください!

 


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 67 »