アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2021-04-12 11:09:55 (51 ヒット)

 ◆静大所蔵の故・曽宮一念画伯作品が5月16日まで県立美術館企画展で展示

 

 20208月発行の同窓会だより「岳」62号静大瓦版で紹介しました故・曽宮一念画伯の作品が516日まで県立美術館で開催される企画展「STORIES」に展示されています。

 展示されている作品は油彩画「風景」(1923年作)。曽宮画伯は旧制静岡高校の教員をされた経験があり、その縁で作品は同校に寄贈されました。旧制静高は戦後、歴史の幕を閉じますが旧制静高を前身とする静岡大学文理学部は同人文学部、人文社会科学部と変遷し、「風景」は現在、人文社会科学部長室に飾られています。

 作品に関する詳しい説明は、「岳」62号記事を参考にしてください。

             「岳」62号記事はこちらから

 

 企画展に関する内容は下記、ホームページでご覧ください。

 

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/75

 

 静岡大学岳陵会は、来たる2022年の旧制静高創立100周年に向け、「旧制静高~静大文理・人文・理学部~創立100周年記念事業」を企画しています。詳しくは、100周年記念事業のお知らせをご覧ください。静岡大学所蔵の曽宮画伯の作品展示は、静大の歴史の一ページを知る貴重な機会になります。ぜひ、県立美術館に足を運んでいただいて、鑑賞してください。

 

               令和3年4月

               旧制静高創立100周年記念事業実行委員会事務局


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2021-04-09 15:22:39 (57 ヒット)

 

静岡大学 人文社会科学部の歩み

 

静岡大学人文社会科学部は、1922(大正11)年創設の旧制静岡高等学校を前身の一つにもち、戦後、1949(昭和24)年に静岡大学文理学部として発足、さらに人文学部、人文社会科学部と名称変更、なお発展を遂げています。

 

1922  静岡市大岩(現在の城北公園)に旧制静岡高等学校創設

1949  静岡大学創設。発足時は文理・工・教育の三学部

1965  文理学部を人文学部(人文学科および法経学科)と理学部に改組

1968  大谷地区に移転

1978  法経学科を法学科および経済学科に改組

1982  社会学科を新設

1991  法学研究科を設置

1992  人文学科を言語文化学科に改組

1995  法学科および経済学科に夜間主コースを設置

1997  人文社会科学研究科を設置 法学研究科は廃止

1999  静岡大学創設50周年

2003  人文社会科学研究科に臨床人間科学専攻を新設

2005  人文社会科学研究科法律経済専攻を経済専攻に改組

     法科大学院を設置

2012  学部名称を人文社会科学部に改称

 

こちらもご覧ください


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2021-04-09 14:50:27 (46 ヒット)

 2022年旧制静高~静大文理・人文・理学部~創立100周年記念事業

            「知をつなぎ、新たな100年へ」

 ■シンポジウム

開催日 20221119日(土)   岳陵会、理学同窓会主催

会場  グランシップ大ホール(予定) 静岡大学、人文社会科学部、理学部後援予定

シンポジウム・パネリスト

 ・石橋秀一氏 ブリヂストン代表取締役CEO(最高経営責任者)

         人文9回 法学 1977年卒

 ・日色 保氏 日本マクドナルド代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)

         人文20回 法学 1988年卒

 ・須藤 修氏 中央大学教授、東京大学名誉教授(社会情報学 医療情報学 情報経済論)

         人文12回 経済 1980年卒

 ・岩田 孝仁氏 静岡大学防災総合センター特任教授(元静岡県危機管理監)

         理学部 地球科学 1979年卒

   タイトル案「コロナ後の世界、日本~文理融合時代の知を鍛える」

                  ―AI(人工知能)との関わりの中で―

コーディネーター

  ・日詰 一幸氏 静岡大学学長

旧制静高の資料や同窓会、大学関係の資料、パネリスト紹介・企業関係資料展示。同日、

式典、演奏会、基調講演も実施。※コロナ感染状況により事業を変更する場合もあります。

■記念誌

  2022年度発行予定 100年の歩みを写真などで紹介する。

■プレ事業 20211113日(土)

・学生、OBOG、市民対象の「公開講座」(会場・大学予定)。秋の大学祭開催に合わせ。

・両学部、両同窓会共催。講演概要を掲載する小冊子も発行。対面講演が不可能なら中止。

タイトル案「コロナと生きる~文理両面から迫る」

………………………………………………………………………………………………

中央寮歌祭で仰秀寮歌「地のさざめごと」を熱唱する大先輩

 

20178月東京)


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2021-04-09 14:31:43 (58 ヒット)

 

2022年旧制静高~静大文理・人文・理学部~創立100周年記念事業

静岡大学岳陵会(文理・人文・人文社会科学部同窓会)

 

 

 

―「知をつなぎ、新たな100年へ」―

新入生の皆様、入学おめでとうございます。

たゆまざる精進を重ねた末の新たなスタート、有意義な学生生活をぜひお過ごしください。

◆私たちの母体 旧制静高

来年2022(令和4)年、静岡大学人文社会科学部と理学部の前身である旧制静岡高等学校は創立100周年を迎えます。1922(大正11)年824日、全国22番目の旧制高校として旧制静高は誕生しました。私たち学部の母体は1世紀前まで遡ります。寄宿舎は「仰秀寮」。

202211月 記念シンポジウム開催へ

 岳陵会と理学同窓会は静大の将来も見据え、「知をつなぎ、新たな100年へ」をテーマに20221119日、静岡市のグランシップで「100周年記念シンポジウム」(静岡大学、同大人文社会科学部、同大理学部後援予定)を開催します。

AI時代を解く鍵は「人間とは何か」

 近年、AI(人工知能)、ロボット工学など科学技術の進展は目覚ましく新しい産業革命と言われています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、AIの導入は加速されます。AIにより人々の生活が便利になる一方、「職を奪われる」「人がロボットに使われる」などの懸念が取り上げられてきました。しかし、最も重要な課題は「人はAIとともにどう生きるか」ではないでしょうか。コロナ禍と闘いながら新しい技術をいかに社会に取り込むかが、今後100年への重要な課題で、それができて初めて人々は豊かになります。

 社会は人々で成り立つため、社会に新技術を取り込むには人間を対象とする学問、人文・社会科学の重要性が改めて認識され、科学技術との融合、すなわち「文理融合」が不可欠となります。「人間とは何か」がAI時代のキーワードになるのです。シンポジウムでは、「コロナ後の世界、日本~文理融合時代の知を鍛える」―AIとの関わりの中で―(仮題)をタイトルに、世界的な企業のトップ、大学で情報を専攻する教授、危機管理に詳しい教授ら4氏の静大OBがパネリストを務め、意見交換をします。

202111月 プレ事業「公開講座」

 100周年前年度にあたる今年、20211113日にはプレ事業として、「コロナと生きる~文理両面から」をテーマにした市民やOBOG、学生対象の「公開講座」(両学部、両同窓会共催)を企画しています。大学祭に合わせ、学内を会場に開催する予定です。両学部の教官6名が自らの専門分野とコロナウイルスに焦点を当て、文理両面から講演します。

 コロナ感染拡大によっては事業に変更が生じる可能性もありますが、静大の情報発信力を広く知ってもらうため、ぜひ成功させたいと考えています。成功に向け、皆様新入生の力を貸してください。記念事業学生委員を募集していますのでご連絡をお待ちしています。

連絡先〉 静岡大学岳陵会事務局 ℡&fax 054-238-5148(静岡大学共通教育A棟)

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2020-08-17 15:15:25 (327 ヒット)

 

   同窓会だより「岳」62

        訂正のお知らせとお詫び

 

 

本同窓会誌をお読みいただきまして誠にありがとうございます。

私どもの不手際で、本誌21ページの訃報におきまして誤りがございました。

 

「加藤芳男氏(人文7・法)」と記載してありますが、誤りですので、訂正、削除させていただきます。

 

加藤氏をはじめ皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

  

〈訂正〉

  訃報

     加藤芳男氏(人文7・法) <削除>

 

  

                 静岡大学岳陵会 会長 海野 徹


(1) 2 3 4 ... 70 »