アーカイブ | RSS |
在学生からのお知らせ
在学生からのお知らせ : 静大祭② 岳陵会カフェと「われら若人」
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2019-11-29 15:00:58 (284 ヒット)

みなさんこんにちは!

学生レポーターの鷲山です。

 

秋の息は短く、待ったなしで冬がやってきましたね。卒論の提出期限は来年1月10日なのですが、寒の到来と共に期限がひしひし接近してきていることを感じます。

卒論は段々形が見えてきました。どんなものが完成するのか、わくわくしながら作業を進行中!「会心の出来になりました!」とご報告できるように頑張ります。

 

 

さて

 

 

今回は前回の続きということで

 

 

緑ジャンパーの彼は誰なのか?の種明かし…

 

 

 

おなじみ岳陵会のジャンパーを着た彼は…

 

 

 

 

もう1人の学生レポーター、佐々木君でした!

笑顔でピース

 

 

偶然会うことができて、おたがいビックリしました。

少しお話をした後、佐々木君が岳陵会カフェの方へ案内してくれました。

 

入り口の看板

 

 

中にはこんな寄せ書きが!

 

 

せっかくの言葉が見えにくいですが、一部抜粋すると…

 

「今日初めて来ました。イベント面白いですね」

「2年ぶりに来ました」

「さくらコーラおいしかったです」

「また来年も来ます。ありがとうございました。楽しかったです。」

 

など、ご好評の声が多数よせられておりました。

 

 

その内の一つにこんなコメントが……

 

 

「人文のOBです。毎年楽しみにしております。「われら若人」です!」

 

 

そうなんです。

今回の記事のテーマの1つ「われら若人」!!

 

 

「われら若人」といえば佐々木君。

彼が何をやっているのか?

皆さまご周知の通りだとは思いますが、過去の記事を抜粋してきました。

 

新レポーターの佐々木勇輝です。」

http://e-gaku.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=738

 

ここ最近の活動

今現在取り組んでいる活動は、学生歌「われら若人」を学生が歌っているミュージックビデオを作る企画です。昨年夏に学生歌の存在を教えていただき、人言の同窓生の方の後押しもいただいた上で、この企画に挑戦することになりました。また、昨年度後期の岳陵会連携講座でこの歌の英訳に挑戦させていただきました。その活動の中、この歌は人文の先輩の方が作詞された歌詞であり、そこに込められた静岡大学や静岡という土地への思いを強く感じ、より多くの人に今の形で広げたいと思うようになりました。実は毎年入学式で流れている学生歌ですが、意外と今では知らない学生達も多いのです。具体的な歌の歴史はまたビデオが完成したら書こうと思いますが、実は何十年も前からこの大学に遺されている文化の一つです。これは我々にとっても貴重な財産です。人言の仲間を中心に20名弱の人数で現在は企画を進めています。撮影進捗は随時レポートしていきますので、完成したらぜひこの場でもシェアさせていただければと思います。

 

なんとも頼もしい!!

 

私も、岳陵会の総会に出させていただいたことがありますので、「われら若人」は知っていました。しかしそれがなければ知ることはなかったと思います。佐々木君が「毎年入学式で流れている学生歌ですが」と書いていますが、恥ずかしながら全く記憶に残っておらず……。

現役学生の記憶から失われつつある文化を、再び目に触れる形で復活させるというのは、大変意義のあることだなと思います。

 

 

そして、「われら若人」ミュージックビデオ完成後の記事がコチラ。

 

われら若人 企画の仲間たちとの出会い」

http://e-gaku.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=748

 

企画参加学生の皆さん、大変エネルギッシュ!

こんな方々の参加された動画は、きっと眩しいエネルギーに溢れていることでしょう。

 

岳陵会カフェでは、完成した動画が上映されていたそうです。

が、私は行くのが遅く、見ることができず……(残念)

 

ですが!

ありがたいことに、佐々木君が写真を送ってくれました。

 

 

なんともさわやかな画

 

 

 

ということで早速視聴!

既にご覧の方も多いと思いますが、YouTubeURLはコチラ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=LK60PeB74ag

 

やはり、眩しい!

背を向けた三人が歩き出し、画面が白くなっていく最後の場面は、未来に向かって歩いていく学生たちを暗示しているようですね。

図書館前や人文棟前など、馴染んでいる場所がいくつも映っていました。自分も卒業して何年か経ってから見たら、懐かしくなるのでしょう。

静岡大学混声合唱団の皆さんの歌声も素敵で、映像ともあいまって、キャンパス内の緑の濃さやその匂いを思い起こしました。

 

学生はもちろん、OBOGの方々にこそ見ていただきたいミュージックビデオだなと感じました。

自分も1年後にはOG。静大の友達と一緒に視聴して「懐かしいね」なんて言いながら思い出話をしたいです。

 

参加学生の皆さん、お疲れ様でした!佐々木君のこれからの記事も楽しみです。

 

 

それではまた!

 

 


印刷用ページ