アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-01-26 14:35:07 (115 ヒット)

 


みなさま、こんにちは。


学生レポーターの白井です。


今週は大寒にふさわしい骨まで沁みるような寒さですね。


日本全域で記録的な大雪、


静岡市でも雪がまったところもあったとか。


 


さて、今回は昨日静岡市民文化会館にて観劇した、


オペラ「ルサルカ」についてお伝えします。






 


「ルサルカ」は水の精が人間の王子に恋をしてしまう、悲恋の物語です。


わかりやすく言うと「人魚姫」のお話に似たものになっています。


 


私はオペラを観劇したのは初めてでしたが、


もともとミュージカルは好きなので、


コミカルな演出が親しみやすく


とても楽しく観ることができました。


個人的には人間に恋する水の精のルサルカの


父的存在、ヴォドニクが好きなキャラクターです。


地位が高い精なのに他の妖精と戯れたり、


とても可愛らしい面もあるキャラクターなんです。


 


今回観た「ルサルカ」の演出は宮城總さんがされているのですが、


実は私、来月にSPACで上演される、同氏が手掛けた


「ミヤギ能 オセロー ~夢幻の愛~」を


観る予定なのです。オセローは好きな作品で、


能の演出でどう解釈されるのか、今からとても楽しみです。


 


インフルエンザも流行っていますので、


みなさまあたたかくして過ごしてくださいね。


それでは。


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-01-19 14:47:54 (98 ヒット)

  


みなさま、明けましておめでとうございます。


(かなり遅くなってしまいましたが……)


学生レポーターの白井です。


年末年始、みなさまはどのように過ごされたでしょう。


どこかにご旅行に行かれたり、ひとりでのんびりされたり、


親戚やご友人とで集まられたりしたのでしょうか。


私はと言えば、年末は友人と遊んだりいろいろと忙しかったのですが、


年が明けてからは完全なる寝正月を過ごしました。


 


唯一新年らしさのある写真を…





 


テレビでやっていた、高速で内容の変わる画面の


写真をとって占うおみくじだそうです。


携帯やスマホを持っている人がほとんどの、


現代ならではのおみくじですね!


 


さて、2018年は私にとって勝負の年、そう就活の年なのです。


年が明けてなんだか急に焦りを感じてきたので、


1月4日に行われていた合同説明会に行ってまいりました。






 


インターンシップに数社申し込んだのですが、


ほとんどネットで調べているときにはノーマークだった企業でした。


業界さえもあまり考えていなかったところもあり…


いろいろな企業の方のお話を会って聞くことができる場は、やはり大切ですね。


その企業のこと以外にも、就活生、大学生として学ぶことが多いです。


人として成長するための機会と考えると、就活にもポジティブになれそうです。


 


それでは、今回はこのあたりで。


 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-01-18 14:11:09 (187 ヒット)


   1月15日(月)第13回連携講座が開催されました。

 

講師をしていただいたのは、新海 裕悟さん(人文18回 経済)

現在、味の素AGF株式会社に勤務されていらっしゃいます。

 

講義では、味の素AGFの会社について説明いただいた後、現在までどのような仕事をしてきたのかをお話しいただきました。

大学時代には「山岳部」に所属し、登山の計画書の準備・段取りなど考え作成することで、仮説検証の力がつき、自分の目で確認する大切さを知ったそうです。

 

最後に、大学時代には“やりきってください”。やりきることで、それが自信や支え、自分の強みとなります。また、仕事で使えるパソコン、英会話は必要です。そして企業人としての視野や心得を身につけるように頑張ってくださいと話され講義を終了しました。

次回、1月22日は、前田 巧さん(人文5回 法)です。

 

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2018-01-12 12:15:41 (198 ヒット)

1月9日(火)第12回連携講座が開催されました。

 

講師をしていただいたのは、山口 憲明さん(人文24回 法)

現在、総務省自治行政局行政課に勤務されていらっしゃいます。

 

講義では、初めに地方自治体制度へ興味を持つようになったきっかけについて話されました。大学時代には少人数のゼミのおかげで先生と密接な関係が持て、また深い議論ができるなど恵まれた環境であったそうです。勉強会や模擬裁判などにも積極的に参加。地方自治制度について興味をもち、自治省に就職。自治省でのお仕事内容についてお話しいただきました。

 

最後に、大学時代には、資料を作りきちんと説明できるプレゼン能力を身につけること、社会の課題に関心を持ち解決策を考えてみることをしてください。そして、地方公務員もいいですが、ぜひ国家公務員を目指してくださいと話され講義を終了しました。

 

次回、1月15日は、新海 裕悟さん(人文18回 経済)です。

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2017-12-27 16:10:29 (130 ヒット)

2017年もいよいよ終わろうとしています。

一年ってこんなに早かったっけ?と20歳をこえてから度々考えるようになりました。部屋の大掃除、帰省の準備など年末はやらなければならないことがいっぱいです。実家では毎年おせちを祖母と一緒に手づくりしておりましたが近頃はおせちのセットを買う家庭が多いのだとか。

(栗きんとんの下ごしらえとしてさつま芋を裏ごしする作業がとても辛かったのを覚えております)
私の友人には今までおせちを食べずに新年を過ごしていたという子もいました。

皆さんのご家庭ではおせちを食べますか?

 


さて、今回の内容は年も明けて春になると始まる就職活動について。


卒業してすぐの方ですとまだまだ記憶に新しいかもしれませんね。つい先日、3月から本格的に就職活動も始まるということでさっそくスーツを買ってきました。タイトスカートにジャケット、パンプス、ブラウスなどなど女性用の所謂一般的なリクルートスーツ。非常に安いのでネットで購入しても良かったのですが試着してからの方が良かったので販売店へ行くことにしました。

入学式では母のスーツを借りていたため、スーツを買いに行くことは初めてで、何となく買いに行くときの服装すら気にかけてしまいます。用意した3万円を握りしめ、背伸びする気持ちで入るとお店中で沢山のスーツたちがひしめき合っています。探していた黒地に柄のないスーツは入口すぐのところでぎゅっとコーナーが作られて、私のようなこれから就活に挑む人たちの戦闘服となるべくきれいに並べられていました。

どきどきしながら試着のためにスーツに袖を通し、売り場の方の説明を聞き、3種類の中から安めスーツとブラウスを2着。スーツは自腹だったのでよくよく考えながら良さそうなものを購入しました。

年が明けたら私にとって最も身近な相棒を手に、就活を乗りきります。

 

皆さんが初めてスーツを購入した時はどんな気持ちでしたか?

それではまた、2018年でお会いしましょう!、新

 


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 128 »