アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2017-12-22 14:40:02 (92 ヒット)

 


みなさま、こんにちは。


学生レポーターの白井です。


 


早いもので今年も残り10日を切りましたね。


みなさまはいかがお過ごしですか。


 


わたしは先週の土曜日に、


静岡大学マンドリンクラブの


定期演奏会に行ってまいりました。





 


マンドリンクラブの定演に行くのは


初めて(と、いうかマンドリンの演奏を


聞くの自体が初めて!)でしたが、


曲の説明にちょっとした劇があったり、


なごやかでとても楽しかったです。






 


来年は同期が最後のステージを迎えるので


また聞きにいきたいと思います。


 


私は発表がある部活やサークルに


所属していないので、友人たちの


頑張っている姿は格好良くもあり、


うらやましくもあります。


何かに一生懸命な人は素敵ですね!


 


さて、これでわたしの今年の投稿は


おしまいになります。


みなさま、良いお年をお迎えください。


 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2017-12-15 14:38:56 (118 ヒット)

 

 

みなさま、はじめまして!

今月から学生レポーターを務めさせていただきます、

言語文化学科3年の白井です。これからよろしくおねがいします。

 

さて、先週から急に冷え込み富士山もすっかり雪化粧ですね。

こう寒いと部屋にこもってこたつにみかんでお茶を啜りたくなりますね。

 

…そう!お茶!静岡といえばお茶です。

私は11月からふじのくに地域・大学コンソーシアムの短期集中単位互換授業

「ふじのくに学(お茶)」を履修していまして、

先週の土曜日に最後の講義を受講してきました。

合宿やフィールドワーク、実習もりだくさんで充実の内容でした。

 

合宿では闘茶を体験したり、

 

 

 

茶農園さんでお茶とお菓子を楽しませていただいたり。

 

 

 

座学でも、お点前を教えていただいたり。

 


 

おいしいお茶をたくさん飲ませていただきました!

 

これをきっかけにお茶とふれあう機会を増やしていきたいですね。

金谷の「お茶の郷博物館」が来年3月にリニューアルオープンするとのことなので、

ぜひ行ってみたいところです。

 

それでは。

 


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2017-11-22 12:27:22 (166 ヒット)

とうとうやってきました、静大祭!


当日参加された方もいらっしゃるのではないでしょうか。11月17日〜19日の三日間、二日目は残念ながら雨模様となってしまいましたがその分最終日の日曜日はかなりの人が訪れていたように感じます。


 



 



 


 


私は1年生〜2年生の間、静大祭実行委員会で活動しておりましたので今年は朝から晩まで頑張る後輩たちに差し入れを持って行ったり、警備のお仕事を手伝ったりと三日間全てに参加してきました。9月頃から看板を作ったり、街を回って協賛のお願いをしたり…あんなに沢山頑張っていたのがもう一年も前だなんてビックリです。静大は大学祭当日しか講義がお休みにならないので、後片付けは最終日の夜〜翌日の朝にかけて急ピッチで行われるんですよ。普段は見ない夜の大学、ちょっと夜更かし、祭の高揚とどっとくる疲労感。お母さんに内緒でこっそり夜のテレビを観ているような、まだ学生だから得られる特別な気持ちなのだろうかと就活を前にして思います。


 


 さて、実はこの静大祭と同時開催されているキャンパスフェスタに人文社会科学部同窓会も参加していたのです!その名も「岳陵会カフェ」。


 



 



 


 


大学祭の会場から少し登った人文棟二階で開催されていたので、時間の合間を縫って私もこっそりお邪魔してきました!クッキーやラムネの販売、休憩スペースの他にズラッと並んだアルバムが見どころでした。手袋をはめ、会場で展示されていた一番古い1980年代のアルバムを手に。今とはファッションも写真の雰囲気も違う静大を目にしました。個人的に目を引かれたのは私の所属しているサークルや、今でも活動している部活などの名前が見られたことですね。


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2017-11-08 14:24:40 (131 ヒット)

はじめまして!
今回からこのページの更新を担当する言語文化学科の田中です。
三年生の秋にもなり、もはや行き慣れた静岡大学の今をお届けする第一弾、今
回は食の秋をご紹介します!


さて、静岡大学には第一食堂、第二食堂、第三食堂、グリルというお食事処が
あります。メニューはそれぞれですが値段が安いのが食堂、ちょっとお高めな
のがグリルですね。グリルの方はお高めだけれどボリュームがあり、中々美味
しいのだとか…!
他にも購買店として銀杏や教育ショップ、人文ショップ、農学ショップがあり
ます。コンビニのようにお弁当や飲み物、お菓子を買えます。
私は人文棟でお昼を食べることが多いので人文ショップでサンドイッチをよく
買いますね。銀杏では焼きたてパンが、ショップでは肉まんが置いてあるのが
特徴です。


せっかくなので銀杏で買った焼きたてパンの写真を撮りました!エビグラタン
パン(左)とボロネーゼパン(右)です。どちらもホクホクで寒くなってきた
秋にはピッタリですね。
惣菜パン以外にもチュロスやきなこ揚げパンなどあま〜いものもあり種類がか
なり豊富です!


 

食堂やショップは学外の方も気軽に使用できるので、もし今の静大生のお昼ご
飯に興味があればぜひお越しください!


投稿者 : 事務局 投稿日時: 2017-10-02 13:20:23 (167 ヒット)

みなさまこんにちは!

 

レポーターの池田です。

 

 

前回に引き続き中国での留学生活の様子を、

 

その中でも 生活をより便利にしてくれる、中国の最先端アプリたちを紹介いたします!

 

  

↑ スマホの中のアプリたちです。主にこの四つを使っています

 

 

まずは緑色の 「微信(ウェイシン)、英名「WeChat」 です。

 

日本ではLINE、韓国ではカカオトーク、中国ではこの「微信」が主要なSNS

 

連絡は基本これを使っています

 

使い方はほとんどLINEと同じですが、既読機能がないところが大きな違いといえるでしょうか。

 

 

 

次に青色の 「支付宝」(ジュウフバオ) 英名は「Alipay」だと思います

 

支付宝」はいろいろな機能があるのですが、一番は支払いのために使うことが多いです

 

そう、中国に来てから 財布をほとんど持ち歩かなくなりました!!

 

小さな果物屋さんやスーパー、切符やバス・タクシー、

 

支払う必要のある場所ほぼすべてといっても過言ではないくらい

 

支付宝」が普及しているので

 

現金を使う機会はほとんどないです!

 

友人と割り勘する際もアプリ上でやり取りできるので一層現金は使わなくなりました。

 

 

システムはと言いますと、中国の銀行口座を開き、「支付宝」のアプリに登録すると

 

支払う際にはその口座から即時引き落としとなります。

 

キャッシングしてしまうこともないので安全ですね。

 

 

しかしこのアプリのすごさは支払いだけではございません…

 

 

 

これは大学の食堂の前にて撮った写真です。

 

自転車が乱雑に並んでいますね~

 

と、これはどこでもよくある光景だと思いますが、

 

なんだか黄色い自転車が妙にたくさんありますね…

 

よく見てみると…なんと!ここにも「支付宝」の文字があるのがわかりますか??

 

そうなんです、いま中国ではレンタル自転車・シェアバイクがとても一般的になりました!

 

ここには「支付宝のアプリで自転車のQRコードを読み取って」と書いてあり、

 

写真上部の鍵の部分のQRコードを「支付宝」で読み取ると、すぐに開錠できて使うことができるのです。

 

 

短時間なら無料で、遠くへ行っても100円はしないくらいの利用料、

 

ちなみに特に返す場所の指定もないので、校内はもちろん町中いたるところに自転車が

 

散らかっています。ちょっと問題になっているとも聞きますね。

 

 

中国は人口も多い分、自家用車での移動が多いとすぐに渋滞になってしまい、

 

お役所が日によってナンバープレートの下一桁の番号を指定して

 

車の使用を規制することもしばしばです。

 

そのため公共交通機関が発達し、利用促進のため運賃もとても安くなっています。

 

例えばバスに一時間くらい乗っていても3元 (50円)だったり、

 

地下鉄も高くて5元はしないはずです。

 

前回紹介した高速鉄道「高铁」も、二時間ほど乗っていて2000円以下です。

 

シェアバイクの発展もこのことが理由だと思います。

 

広い中国を移動するのに交通手段はとても大事ですね~

 

 

 

三つめはオレンジ色の「淘宝」(タオバオ)です。

 

 

これはインターネットショッピングサイトになりますね。

 

中国のデパート・ショッピングモールというとブランド店が多く

 

服を買うにはちょっとお手頃な価格のお店があまりないです。

 

そのため通販は買い物に欠かせないものなのです。

 

 

では、ここで中国の最先端の食文化をご紹介いたします。

 

 

中国人は温かくないものはご飯と見なさない、

 

 

というのはご存知の方多いのではないでしょうか?

 

日本人はお弁当や、冷たい麺類や野菜・サラダをよく食べますよね。

 

中国の食文化では、こういったものはあまり好まれません。

 

実際に大学の食堂でも食事の中で冷たいおかず等は見たことがありません。

 

 

ではご飯を作りたくない時、買い出しに行きたくない時はというと…

 

↑「淘宝」のアプリのページです

 

 

アプリで出前を頼むのが今とっても人気です!

 

何がすごいのかというと、日本の出前とは違い本当にどんな食べ物でも買えて、

 

すぐに家まで届けてくれるところだそうです。

 

例えば中華料理の火鍋も注文したらガスコンロやお鍋ももって来てくれるとのこと!

 

外食や食堂よりおいしく、また種類も豊富なので、

 

寮で暮らさなければならない中国人学生のみなさんは

 


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 59 »